ジャイアントキリング54巻ネタバレ!新型コロナ自粛はまんが王国で!

世界中のスポーツが新型コロナウィルスの影響で低調な時代になってきました。

そういったとき、漫画などで楽しむのはいかがでしょうか?

ジャイアントキリングという言葉も定着してきましたが、弱者が強者を倒し大盤狂わせの意味で、それをタイトルにしたこの漫画がとても評判です。

ジャイアントキリングのみどころ

達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。

写真の表紙の黄色枠

もともと、自分の育った東京下町のプロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)に帰ってきて、弱小クラブをよみがえらせるお話。

サッカーを面白く、さらに、強くするのは監督次第ということをいろんな角度から教えてくれます

サッカー愛にみちたサポーターやクラブの運営にまで、サッカーを知らない人にもわかりやすく伝わってきます。

ETUの成長の象徴の椿大介の成長や、引き込まれる展開がドンドン読みたくなります。

椿大介は写真黒枠

ジャイアントキリング54巻ネタバレ

アジアカップ準決勝、日本とオーストラリアの一戦は、好調を維持する椿と窪田の五輪代表コンビ、エース花森らの活躍で、開始早々、日本が2点をリードする展開に――。

しかし、オーストラリアは早々のシステム変更から徐々に主導権を奪い返すと、若きエース、コヴァルが得意の左足からチャンスを演出、得点につながる――。

さらに得意の空中戦からもゴールを奪い、前半終了間際、同点に追いついた。

再びリードを奪いたい日本だが、相手エースのトーマス・サリバン、GKベイカーが立ちはだかり……、

日本はアジアの壁を打ち破り、決勝へと駒を進めることが出来るか――。

白熱する展開が益々目が離せない。

現実のサッカー日本代表の試合をみているかのような手に汗握る展開がたまりません。

この54巻は2020年3月23日に発売されましたが、

次巻の55巻は2020年8月22日頃発売予定のようです。

電子書籍で読むには

まんが王国では1巻が無料で読めます。

そして、各巻の試し読みが増量中です。

この機会を逃す手はないですよね。

なかなか、新型コロナ自粛で外出しにくいこの時期ですので、

まんがをじっくり楽しみましょう。

 

まんが王国では電子書籍として楽しくことができます。

私は本として購入していたので、置く場所に困ってきました。

電子書籍なら本棚の心配は全く不要

持ち運びにスマホだけで済みます。

気に入ったら、購入して読んでみましょう。

会員登録で半額クーポン配布中です。

まんが王国はこちらから。↓↓↓

sponsored

 

ebook japan  でも読むことができます。

こちらでも50%クーポンを配布中です。

ebook japan はこちらから

 

ネットの反応